部屋の表記で。

不動産の広告を見ていると、間取り等の表記が略語になっているときがあります。

たとえば、PS=パイプスペースとかはよく見かけます。

よくある、「3LDK+S」や「2SLDK」の「S」は、サービスルームのことを指します。

なぜ普通の部屋のようなのに「サービスルーム」と表記するか。

それは「部屋」と呼ぶのに必要な要件が満たされていないからなのです。

まず、広さが4.5帖以上無いと部屋とは呼べません。

また、6帖くらいあっても一定基準の大きさの窓や開口部が無いと、

「部屋」とは呼べないのです。

基準となる日当たりを確保できないのは「部屋」ではない、ということですね。

そこで「サービスルーム」と呼びます。あくまで部屋ではないけど、

おまけで部屋として使えるところががありますよ、的な表現ですね。

ですから「2SLDK」でも、「S」の部分が広ければ、3部屋+LDKで「3LDK」として使える場合もありますね。

ちなみに、たまに「2LDK+N」なんて表記があります。

「N」って????

4c524471b24117357cef8a0cbd162478_s

正解は「納戸」です。

「納戸」っていうよりもスマートだからですかねぇ。ただの物置スペースなのですが。

コメントは受け付けていません。