3月 25th, 2014

土の中に。

親御さんが亡くなって、相続した家を売ろうとして建物を壊したら、

土の中から何か出てくることがたまにあります。

多いのは、昔使っていた井戸とか。浄化槽とか。

1f789999d7feb04c3be94899f295eda4_s

あとは「ガラ」と呼ばれるコンクリートの破片や塊。これは昔の建物の基礎とか、あとは池とかですね。

ゴミが大量に出てくることもあります。

気をつけなくてはならないのが、そういったものが地中から出てくると、

その撤去費用は元の所有者である売主が負担します。

「親の土地だし、自分は住んだことないからわからないんだよなァ」といっても、

特別に「買主の負担」と決めておかない限りダメなんです。

相続した土地を売るときとかは、昔は何が建っていたかを近所の人や親類に聞いたりしておくとよいかもですね。

最初っから「昔は井戸があったので、それがまだ残っている」と、言って売れば売主は費用がかかりません。